読切小説
[TOP]
三代将軍
「余は怖いのじゃ」
急に呼ばれて何事かと伺うと、公方は突然言いだした。冗談かと思ったが、顔色は青白く身体も震えている。
あわてて近習どもを下がらせて、二人きりになると、そっと公方の身体を抱いてやった。「竹千代さま、お気を確かに――。さ、さ、爺の胸に来なされ」
そのまま抱いていると、ようやく公方の気持ちは落ち着いたか、ぽつぽつと事情を話しだした。父、秀忠公が死んで、これから一人で采配を振るっていかねば、と思うと急に怖くなったというのだ。
ここで――しっかりなされませ。あなた様は天下の将軍、徳川家光公ですぞ――などと言おうものなら、公方はますます委縮してしまうだろう。

わしは10年前、家光さまが将軍になられたとき、お付きの年寄となった。わしの父忠利は、家光さま幼少時に守役として年寄になっている。親子二代に渡ってのお世話係だ。
家光さまが将軍になられた後も、実質の采配は隠居された秀忠公が依然としてなされた。公方はそのことを不満にされていたが、いざ父君が亡くなってみると、急に心細くなられたようだ。

これも竹千代と呼ばれた幼少時のことを考えれば、理解できる。
お小さいときは、身体が弱く、温和で大人しくて、吃音であられた。いっぽう弟君の国松さまは、利発で見目麗しいお子だった。一時期は、ご両親の寵愛を一身に受けた国松さまと世継ぎ争いが起きそうになったほどだ。
このことは、乳母の福(のちの春日局)が駿府の家康さまに直談判して、長幼の序が明確にされ、竹千代さまの世継が確定した。
公方は幼少時から、60人を超える少年の小姓たちにかしずかれて育ったせいか、女に興味を示されず、精通してからはもっぱら衆道を好まれた。
それも小姓の尻を嗜まれるより、自らの尻を差し出すほうが多かったように思われる。
女装をされたりしたのも、その現れであろう。
あの武骨者の堀田正盛や酒井重澄が寵愛を受けて、異例の出世を遂げたのも、公方の尻を悦ばせたからに他ならない。もっとも重澄の奴、屋敷で静養中に4人も子を設け、公方の勘気に触れて改易となったが。

まあ、ご苦労なのは、春日局じゃった。思惑通り家光さまは将軍になられたが、このままではお世継ぎが途絶えてしまう。なんとか美少年系の女どもを集めて、あの手この手を使って、ようやく公方はお子を作り始めた。
あとは公方を、天下人にふさわしい人物にするだけ――。わが父もわしも、それにずっと腐心してきた。
しかし、そこは徳川将軍家の血を継がれたお人である。ちょっと自信を持たせれば、人を差配するコツをすぐ掴まれた。それにもともと頭のいい方だ、様々な思い付きを持たれていた。大名の参勤交代の制度や、幕府内の組織や役割作り――。これには知恵伊豆と呼ばれた松平信綱やわしも、参加させてもらった。

それでもときどき公方には、弱気の虫が浮上する。
そんなときは、わしの出番じゃ。公方は祖父の家康公を崇拝されていた。大金を消費して家康公を祀る東照宮を何度も改修したことからも分かる。
そしてどうやら公方は、お爺様亡きあと、わしにその代わりを求められているようだ。
二人きりの時、「竹千代」と幼少時の名前で呼ばせるのも、子供時代に戻ってわしに甘えたいからじゃろう。
うん、わしのことか?わしの名は酒井忠勝と申す。
小さい頃はぼんやりとして、どこか足らぬのではないか、と周囲を心配させたようじゃ。現在、46歳、赤ら顔で唇が厚いところは、武田信玄に似ている、と言う者もいる。
それに剛直な忠義者とも呼ばれている。
公方が若い頃、夜ごと城を抜け出して小姓の家に夜這いをかけたりするとき、わしは密かに警護していたが、公方はそれを知ってからは夜遊びをやめられた。このように、公方には優しいところもあった。
まあ、わしが最も自慢できるところは、精の強さとマラの大きいことじゃ。このマラで、子供を11人作っている。
公方はそのことをご存じで、たまにわしを閨に誘って、わしのマラを遊び道具に、舐めたり扱いたりする。しかしこれまでは、公方が尻を差しだしたり、あるいはわしの尻を所望されたりしたことはない。

話をもとに戻そう。この度の公方の弱気の虫は、かなり根が深いようだ。
こういったとき公方の場合は、激励するより、優しく慰めた方が立ち直りも早い。
で、わしは言った。
「竹千代さま、不安になられたら、いつでもこの爺をお呼びなされ。竹千代さまがご安心できるように、抱いて差し上げます」
公方は強くしがみついて、喘ぐように言われた。
「なら、爺、これからすぐ閨に入ろう。いいか、裸になってじゃぞ」

公方とわしは素裸になって閨にいた。わしはずんぐりむっくりしたごつい身体をしているが、公方は29歳になっても、すんなりとしたきれいな身体つきをされている。
公方は、床に寝そべるわしの股座に顔を埋めて、マラを口に含まれた。味覚を楽しむように、うっとりとした顔をされている。
湿った温もりの中で、わしのマラはみるみる生い立った。息苦しくなられたか、マラを口から出し、公方は手に取ってまじまじと見た。
「相変わらず爺のマラは大きいのう。カリの太さは、正盛より太い。怖いくらいじゃ」
いつもなら、舐めたり指で扱いたりするのだが、じっと見つめている。
わしは言った。
「正盛より太くとも、硬さは若い正盛ほどではござらぬ。尻に入れれば、形が変わって、入れやすくなります。一度、受けて見られますか」
冗談で言った積りだが、公方は何やら考えている。そして一言。
「よし、今日は爺を受けてみる」

思わぬ公方のお言葉じゃが、わしは契りを結ぶ準備行為にとりかかった。
公方を仰向けに寝せ、両足を上に引き上げて、尊い尻の狭間をあらわにした。
29歳の菊座とは思えないほど、きれいな桜貝の色をしている。しかも、すぼまった縁を彩る皺が、なんとも初心で清楚な風情だ。
顔を寄せ、舌先でそっと舐め上げた。
「ああっ!――これは――」
公方が感嘆の声を上げた。どうやらこうされるのは、初めてのようだ。
これまで女どもを善がり狂わせた技を駆使して、わしは舌舐めを続けた。
「いい――いい――」
若い公方は、善がり声を上げ続けている。
今や秘肛はすっかりとろけて、淡紅色に染まり、唾でぬめぬめと塗れ光っている。これまで若いマラを咥え込んできたそこは、やんわりと口を開きかけていた。
舌先でこじ開けるようにして、軟らかくなった秘肛をえぐった。
「うおっ!いい――もう――入れて」



いよいよマラを嵌める段になって、天下人を身体の下に組み敷くのは、気が引けた。
そこで公方が騎乗位になって、わしの腹の上にお乗せしようと提案した。しかし公方は、獣の形を好まれた。御自ら四つん這いになって、後ろから入れよと言われるのだ。
仕方なく背後から膝立ちになって、あてがった。先走り液が滲み出てきた。それを塗りつけるように、円を描いて押し付けた。
直線運動に変えて、じょじょに力を加える。
「あっ――入ってくる――いい――いいぞ」
公方がうわごとのようにつぶやいた。
締まりが良かった。こんな締まりの良さは、女どころではない。
それでもさすが肛交に慣れておられるのか、若い菊座は包容力があった。マラの侵入と共に、肉の筒がじんわりと広がってくる。――締まりがきつくなった。
一進一退を繰り返して、ついに根元まで嵌め込んだ。若い肉の襞が、わしのマラの形状に合わせて、ぴっちりと覆い包んでいる。その密接部分から若い鼓動が伝わってくる。
ドクン――ドクン――。
ここに至るまで、公方は一言も弱音を吐かず、じっと苦痛に耐えている。
そのとき公方が喘ぎながら言った。
「感じる――爺が腹いっぱいに入っている――年寄りのマラもいいのう」
わしは言った。
「公方さま、これから爺が元気のもとを注入して差し上げます。されば明日から、また公方さまも力が湧いてくるでしょう」
言ったあとわしは、腰を使ってじっくりと、若い公方の後ろを犯しだした。
21/03/21 09:01更新 / サンタ

TOP | 感想 | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c