戻る
■ 男色初体験談 D

■ 以前から叔父を好いて居たが、叔父から突然男の経験は有るかと問われ、躊躇していると「男同士のセックスも良いものだ」と言った。自分の頭の中での思いを読み取られた様で有ったが、叔父のリードで初体験を経験した。叔父の愛撫で頭の中が真っ白と為り、次々に身体の奥から快感が湧き出て、絶頂感の中白濁した精を叔父の口内へと放ってしまった。以前から自分が叔父に求めて居たものと思いつつも、何時しか叔父との関係が10数年間も続いている
■ 初めての抱かれた人が、ヤクザでした。パチンコ店で声を掛けられ、その人の家に行き、ベッドで犯されました。
■ ハッテンコールで会うことになった年上のお兄ちゃん。初めて掘られたけど、上手だったんでトコロテンに。電話番号のメモなくしたんで2度と会えず。今頃どうしてるんだろう?
■ メル友だった人と速攻でラブホに入り、「やっぱエッチ目的だったんだ」と思ったけど、改まって名刺を差し出されてビックリした。信用してくれてるんだと、お互いいい仲になりました。
■ 飲み屋で知り合い遅くなったのでその人のうちに泊めてもらい夜中に目が覚めたらベッドに大の字に縛られ体中を舐められた気持ちが良くて忘れられない。
■ 年輩の叔父に以前から憧れて折り、旅行へ同行するチャンスが訪れた。夜も更けた頃に叔父は「目が冴えているのなら一発抜いてあげようか」と、言って同じ布団に入ってきた。優しく抱きしめられ全裸にされ、身体の隅々まで愛撫してくれ、我が息子を口に治め愛おしそうにしゃぶり挙げた。ギンギンに為った我が倅を手でかきながら、これからもっと快い思いをさせて挙げると言って、バックから避妊具とゼリーを取り出した。後は全部任せなさいと言って我が倅に避妊具を被せ、自分はアナルにゼリーを塗り立て、徐に「ゆっくり入れなさい」と言って、めくるめくる思いの中頂点に達し、溜め込んだ精を思いっきり放出した。初めての男同士のセックスを経験し、忘れえぬ叔父と為って行った。
■ 中1の時の担任の先生。先生が自分の近くによく来て、体を寄せ付けてきた。股間のふくらみが身体に当たるようにしてきた。当時、先生の年齢は34歳。毛深い先生でした。先生の股間のふくらみを確認して硬いのでずっと、手で押さえてたのがきっかけ。車で家の近くに送ってもらい、途中公園の近くに駐車。車の中で悪戯され、先生に精液をかけられた。中学卒業するまでには咥えたり、アナルに挿入された。今でも大好きです。その先生。
■ 在る県の議員さんと海外旅行の時、機内で隣に座った議員さんとタイ旅行中ホテルでケツマンされ7〜8年のお付き合いでした
■ サウナで知り合った紳士に誘われ連れ込み旅館へ入り、全身を愛撫され尺八で絶頂感の中紳士の口内へと精を放った。再び尺八で元気に為った所で、後ろに入れて欲しいと懇願され我が息子にゴムを着け、紳士のリードで挿入をした。狭い所を通り抜けるとじわりじわりと締め付けられ、深く浅く出し入れして欲しいと導かれ絶頂点へと到達し、お互い頂点で「一緒に行こう」と意気を合わせて共に精を放った。紳士はまったりとした笑顔で、トコロテンは初めてと言って微笑んで居た。
■ お父さん ダイヤルと言う、雑誌の企画があり、そこで知り合った爺さんと、10年暮らし、マインドコントロールされ 財産全てとられた。キッス位であまり深くはせず、親子的関係だつた。
■ 職場の上司に職場の旅行でホテルで寝る時に酔って抱かれた。普段憧れていた人でした。