戻る
■ 男色初体験談 F

■ 14年前、22歳最後の夏。白ワイシャツ白ズボンの男、ボクサーのクラッシャーとしよう。その人に声をかけられ、公園の手洗いに連れていかれた。互いのズボンを脱いだ。クラッシャーは黒に上は白にグレー一本線のアウトゴム入りカルバンクラインのブリーフをはいていた。ぴったりとした黒いスポーティなビキニパンツでさえオドロキなのに、ブリーフごしにあるヘビー級チャンプのボクサークラッシャー自身はパンツを突き破ってゴムの上からおチンチンが出ていた。クラッシャーは僕の白に上は赤と青のアウトゴム入りフィラボクサーパンツに手を入れておチンチンをもみだした。かっこいあパンツだねと言うとクラッシャーはだってこういうパンツはいている人いるもんと言った。その時互いに名乗れなかったが、今でもその人が忘れられない。
■ 親戚の叔父にホモスナックへと案内され、隣の席の叔父の知人との紳士から大胆にもジッパーを下げられ、我が息子を引出し長らく摩っていた。興奮が醒めない中スナックを出て、叔父が休んで行こうとホテルへと入った。お風呂で叔父から全身を愛撫され、尺八で全身が痺れる思いで叔父の口内へと精を放出してしまった。その後叔父へのアナルセックスへと導かれ、巧みなテクニックで妻とのセックスでは感じられない絶頂感の中、叔父のアナルへと快い精を放出した。男同士の初体験でのセックスに酔いしれた一時で有った。
■ 単身赴任地の美術館でお会いした紳士から、お茶でも如何ですかと誘われ一緒し、成り行きで紳士の車でモーテルへと入った。お風呂に一緒に入り全身を愛撫され、ギンギンになった息子を尺八されあっと言う間に快い射精を紳士の口内へと放ってしまった。男とのセックスは初めてと話した所、全部任せなさいと言われ全身が痺れる思いで男色の初体験を経験した。
■ 10年程前に、ロマンスグレーの好感度の叔父と初めてモーテルへと入り、叔父のリードで初めて男色の世界を経験した。お風呂で全身を愛撫され尺八で1度目の精を放ち、立て続けに叔父の愛撫で臨戦態勢がと為ると、コンドームを着けて貰いアナルセックスへと導かれ、叔父のテクニックで快い快感のもと2度目の射精へと至った。叔父への射精を促すため初めて尺八を経験し、時間を掛けて愛撫をしたが、アナルセックスでトコロテンで同時に出したいとの事で再度挑戦し、お互い同時に雄叫びを挙げて射精を迎えた。
■ 親戚の叔父に新橋のゲイバーへ連れていかれ、その後ホテルへと直行し初めて男とのセックスを経験した。全身の愛撫を受け身体全身が痺れる思いのまま、叔父の口内へと快いまま精を吐き出した。息子が萎えているのを叔父からの尺八で奮い立たされコンドームを着けて貰い、叔父が身体を跨ぎ上からアナルセックスへと導いてくれ、巧みなテクニックで再び快い射精感を経験した。
■ 親戚の叔父さんとの出来事で、叔父さんの事好きなら、ちんぼ吸えといわれて始めて尺八した。
■ 同僚の年上の人と体験しています、お相手は小太りでマラが大きくて 扱くとすぐに我慢汁出していました病気で数年前に亡くなりました。とっても優しい人でした。
■ 十数年前宿泊施設を有するゴルフ場の浴室で、熟年のお父さんと足と足が触れ、お話をしている間に何時のまにか息子を握られ、今夜部屋に遊びにおいで誘われた。仲間が同行していたので断ったが、遅くなっても良いとの事で再度誘われ、好奇心も有り遅くに部屋を訪ねた。全身の愛撫を受けマグロ状態で快い射精に導かれ、男同士の初めてのセックスを経験した。
■ 叔父と東北旅行をした際、夜中に下半身が気持ちが良く目が覚めると、叔父から尺八を受けていて、このまま出しなさいと言われ、快感のうち叔父の口内へ射精した。更に叔父のリードでアナルセックスを経験し、何とも言えない陶酔感で二回目の射精へと導いてくれた。
■ 叔父に誘われ三泊四日の北陸旅行へ行き、就寝後に夢心地の中余りの気持ちの良さで目が覚めた時、叔父から尺八を受けていた。じっとしていてと言われ勃起した息子にコンドームを着けられ、叔父とのアナルセックスを経験した。今まで経験したことのない陶酔感にしたり、複数回の快感を感じつつ射精に至った。
■ 職場の上司に職場の旅行でホテルで寝る時に酔って抱かれた。
普段憧れていた人でした。
■ 10数年前初めて男同士の世界を知った際、お父さんは「全部任せなさい」と言って優しく身体を愛撫され、尺八で忽ち頭の中が真っ白と為り咥えていたお父さんの口内へと射精をしてしまった。お父さんは最後の一滴まで絞って飲みほし、再び尺八で元気を取り戻した我が息子にお父さんはゴムを着け、ゆっくりと入れと欲しいと言ってアナルセックスへと導いてくれた。初めてのアナへの挿入は狭くてスムーズではなかったが、全部治まるとぎゅうぎゅうと締め付けられ、お父さんの手解きで何時しか再び絶頂感が押し寄せ、我慢が出来ずに再び快い射精を経験した。